MENU

【辛い】高校の勉強についていけない…【3つの対処法】

高校の勉強についていけないとお悩みの方へ。

黒歴史の高校時代を過ごしつつも、社会人になり起業し、年収2,000万円を突破した僕が対処法を徹底解説します。

中学時代はなんとか授業もなんとか理解できたし、テストの点数も悪くなかったのに、高校に進学して一気に授業についていけなくなり悩んでいる高校生は少なくありません。でも大丈夫です。この記事では、授業についていく具体的な解決策をご紹介します。

大学受験はもちろん、定期テストのことを考えるのことをすら辛い高校生は最後までご覧ください。

目次

【辛い】高校の勉強についていけない…【3つの対処法】

授業についていけなくて、高校に行くのが嫌になりつつある子に向けて、解決策をご紹介します。

対処法①:苦手科目を思い切って捨てる

授業に遅れがちな高校生がやるべき対処法1つ目は、嫌いすぎる科目をスパッと諦めることです。数学がついていけないなら、数学を切り捨てましょう。

なぜなら、苦手科目のことを考えて勉強嫌いになると、他の科目にも悪影響があるからです。国立大学を狙わない限り、すべての科目を勉強する必要はありません。もちろん、AO入試(総合型選抜)を狙う子なら内申点を気にしなきゃダメです。

しかし、私立大学でもOKな高校生だったら、1〜2科目を捨てても問題ありません。苦手科目は、捨てましょう!

対処法②:得意科目を徹底的に伸ばす

授業に遅れがちな高校生がやるべき対処法2つ目は、1科目を徹底的に得意になることです。

数学が苦手な人でも、1つくらいまあまあ点数がいい科目はあるのではないしょうか?その科目を本気でがんばりましょう。

1科目だけでもクラスで3位以内に入れば、「勉強ができる奴」という称号が手に入ります。クラスメイトから、尊敬の眼差しになりますよ!

対処法③:塾や家庭教師をうまく活用する

授業に遅れがちな高校生がやるべき対処法3つ目は、学習塾や家庭教師に通うことです。

王道の対処法ではありますが、1番効果的と言えます。塾に行ったからといって必ず成績が上がる保証はありません。残念ながら塾に行ってもずっとテストで最下位の子もいますよね。

しかし、「できない理由」ばかりで言い訳してても、現実は変わりません。行動しなきゃ、あなたはずっと「勉強できないやつ」です。人見知りで塾に行くのはいやな高校生なら、オンライン家庭教師という選択肢もあります。個別指導塾よりも格安かつ優秀な先生から1対1で教えてもらえます。

とにかくテストの点数を上げて苦手意識を克服したいなら、「学びの場」に行くことから始めてみてはいかがでしょうか?

高校の勉強についていけなくてもOK【受験なんて不要です】

高校の勉強についていけなくてもOK【受験なんて不要です】

高校の授業についていけない子に向けて、3つの対処法をご紹介してきました。

ただ、本音を言えば、「別に勉強なんてしなくていい」と考えています。なぜなら、「勉強ができる」=「年収が高い」わけではないからです。正確に言うと、勉強以外の強みがあれば、エリートよりも高年収&モテる人生が遅れます。事実として、現代文の偏差値が39だった僕でも、32歳の年収は2,000万円越えです。

もちろん、東大や早慶上智のような超有名大学に行ければ大手企業に就職→給料が高くなるでしょう。しかし、中途半端に勉強できても年収300万円くらいになるのがリアルです。

だからこそ、勉強が苦手なら「勉強以外の没頭しまくる」ことも選択肢に入れるべきです。たとえば、SNSで影響力をモテれば高校生でも月10万円以上稼げます。(月100万円以上稼いでいる高校生もたくさんいます)

人生は、勉強だけではありません。

深く悩みすぎずに、いまできることをコツコツ積み上げていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次